A Scandinavian Lifestyle

北欧ライフスタイル

A Scandinavian Lifestyle
スカンジナビアン・ライフスタイル

スカンジナビア(=北欧)のライフスタイルは、度々メディアや日常会話の中で取り上げられます。それは日本国内だけではなく世界に発信され、身近な存在になりつつあります。では、“スカンジナビアン・ライフスタイル”とは、いったいどのようなものだと想いますか?

 

Design
IKEAやH&M、Marimekkoなどの成長している企業は、デザインの観点からもスカンジナビアン・ライフスタイルを推進しています。華美ではなく、シンプルで無駄のない機能的なデザイン、カラフルな色使いと大胆な柄は、スカンジナビアらしさを表しています。デザインは、ライフスタイルの一部の表現であるにもかかわらず、ファッションやインテリアをみればその人のライフスタイルを窺い知ることができます。北欧の人々には、仕事や家族との関わり方、個人の興味や関心やデザインの観点(好みや選び方)にも “スカンジナビアン・ライフスタイル”が根付いているのです。

 

Gender
また、北欧の社会においては、「平等」であることが重視されています。ジェンダー(性別)を一例にあげてみると、子育て中の家庭においては、両親は共に育児や家事を担い、家庭を築きながら有意義な仕事のキャリアを追い求めることができます。スウェーデンではほとんどの父親が育児休業を取り、家事も分担して行います。
また、子どもたちにとっての平等とは、女の子も男の子もふるまいや成長過程において、分け隔てなく同じ権利を持っています。それゆえ、スカンジナビアの服やおもちゃにはユニセックスなものが多くあります。
ジェンダー(性別)によって、人を区別したり、夢や可能性、生き方を限定すべきではないと考えられています。

 Sustainability

最近では、スカンジナビアの社会では、環境保護やサステナビリティ(持続可能性)が重要視されています。企業だけでなく、個人の日常生活においても意識が高く、リサイクルやオーガニック製品の人気がよりいっそう高まっています。安い海外製品よりも地元の野菜や乳製品を選び、長く使える製品を選ぶこともサステナビリティの一環です。例えば、スウェーデンの通学バッグとして生まれたフェールラーヴェン社のKanken カンケンバッグは、地球環境に配慮した耐久性のある素材で作られています。修理しても長く使える製品で、モノを大切にすることを学び、このライフスタイルは親から子へ受け継がれます。子供から大人まで、世代を越えて愛されています。北欧では子供の時から、日常の身近な製品を通じて、環境保護やサステナビリティを意識することが出来ます。次世代の子供達や未来のために地球環境へ配慮した製品を選んで使うこと。これもスカンジナビアのライフスタイルのひとつです。

 

THE kids CONCEPT STORE

スカンジナビアのすべてのブランドが私たちの支持するライフスタイル・コンセプトに合致するとは限りませんが、THE Kids CONCEPT STOREが取扱うブランドは、このような“スカンジナビアン・ライフスタイル”の魅力を反映しています。子どもは「子どもらしく」あるべきで、生い立ちや性別に関係なく自由な「遊び」や「学び」の場を与えられ、それを通じて責任ある「社会人」へと成長するべきだと考えます。デザインはひとりひとりの「個性の表現」として男女隔たりなく自由に選んで取り入れるべきものです。

私たちは、ライフスタイルの在り方によって、子供達により多くの学びと成長を促すことができます。例えば自由でカラフルな「色」は子どもたちの視覚を刺激し、色彩感覚や表現力を豊かに育みます。機能性のあるデザインやファッション取り入れることで、季節や天候に左右されず遊ぶことができます。子供のライフスタイルの形成にも影響を及ぼすともいえるデザインや製品は、子供にとって快適で楽しいだけでなく、安全で環境に優しく、社会的な責任ももつべきです。

これが私達 THE Kids CONCEPT STORE が想う“スカンジナビアン・ライフスタイル”です。

 


Villervalla Import株式会社 創立者 Marcus Hedenskog
Villervalla Import株式会社/THE kids CONCEPT STORE 最高執行責任者 Mariko Fukuda

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。