スウェーデンの夏。泳いでフィーカ

トラベル

スウェーデン人は、泳ぐのが好き。
夏は少し晴れたら。時間が空いたら。チャンスがあれば泳ぐ!
ひと泳ぎしたらまたフィーカして、のんびり日光浴を楽しみます。

つめたい水でもドボン!
北欧のキュンと冷たい水がまた気持ちいいのです。(日本人にとっては、びっくりする冷たさですが・・・)
サマーハウスで驚いたのは、おばあちゃんも朝起きてまず、冷たい湖へドボン!
ヒャー~大丈夫?と思いましたが、白いバスローブを羽織って、清々しい顔で戻ってこられました。
むしろ健康療法?バスタブのないサマーハウスでは、シャワー代わりの水浴びです。

日本にいても、友人のスウェーデン人は、東京近郊の海で、水温の低い春から待ってました!と泳ぎ始め、秋一番遅くまで泳いでいます。ウエットスーツのサーファーに混じって、ひとりで水着だったりします。冷たくても平気!スウェーデンより全然温かいって?

「水の都」と呼ばれるストックホルム。スウェーデンには、ストックホルムからバルト海にかけて、2万以上の島がありあす。「ストックホルム群島」と呼ばれ、クルーズを楽しんだり、海で泳ぐことができます。
水浴は都市でも楽しめ、ストックホルムから湖までは車で10分程度。夏は仕事の後に湖で泳ぐのが日課という人も。スポーツジム感覚で湖へ。

冷たい水浴びの後に飲むコーヒーも格別です。水辺でもフィーカ!
夏のスウェーデンのライフスタイルです。

持参したクッキーや、野生のチェリーをつまみまがら、海辺のフィーカを楽しみました。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。